花と容れもの

Flower and Vessels

2024年7月5日(金)- 7月22日(月)

11:00 - 18:00 火曜、水曜定休
 
VIEWING ROOM
本展ではVIEWING ROOMのご案内がありません。
作品についてはお電話(075−254−7533)、またはメールにてお問い合わせください。
 
Instagram
本展の様子や出品作品を@gallery_nichinichiでもご紹介いたします。
 
ZOOMでのお買い物
ギャラリーにお越しになれないお客様のために、ZOOMにて作品をご案内いたします。常設作品についてもご案内可能です。メールでご要望をお聞かせください。

夏至。地球を回る太陽の高度が最も高くなり、一年のうちで最も日が長くなるこの時期、京都の町は高揚と祈りに包まれます。7月1日から約1ヶ月半ものあいだ、精霊たちが舞い戻ってくるのです。京都の大祭、疫病退散の祈願である御霊会の「祇園祭」は、厳粛な氏子によって千百年もの時を絶えることなく、連綿と受け継がれています。一方、京都人みなが祈る儀式のひとつに「送り火」があります。8月13日から16日に舞い戻ってくると言われる先祖の精霊たちを、再び黄泉国へ送るための儀式として、16日の夜に京都の町を取り囲む五つの山に松明を灯し、その炎に手を合わせて見送るのです。

文字を持たない古代の時代から、人々はみな祈りを分かち合うことで結束を固め、赦しと安らぎを求めてきました。儀式のなかで用いられる水、炎、花、舞、太鼓や鈴などの楽器の音、神輿や豪奢な調度品は、心を合わせるための可視化された装置であり、再生のエネルギー、そのシンボルでもあります。

この時季にあわせ、「花と容れもの」展を開催します。なぜ人は花を手折り、それを愛でるのでしょうか。花の姿に何かを求める源泉、そして美醜を分つ心は特別なものでしょうか。花が咲いている、その歓びはどこから来るのでしょうか。本展示では、花を生けることに改めてフォーカスします。花を受け止める器という視点で、花器はもちろんのこと、かご、ザル、盆など、時代、作家を交えて、さまざまご紹介いたします。期間中は折々の花生も楽しんでいただければと思います。