お正月3日から シュテファン・フィンク展
2008年1月3日から1月13日まで東京のギャラリー日日で、ドイツのマイスター職人シュテファンさんが木で作る万年筆の展示会を開催。本人が100本あまりの筆記具を抱えて東京に持って来ます。万年筆、ボールペン、デサインペンシル、シャープペンシルの他にシュテファンさんのものつくり親友フォルカー・ラングの革のバッグもたくさん展示します。シュテファンさんが3日から9日まで在廊の予定です。
PDF: シュテファン・フィンク展案内状
URL:シュテファン・フィンクとフォルカー・ラングについて
シュテファン・フィンクについての話題の取材
2007年の「CENTURION」誌と2005年の季刊「すむ」の記事がここでPDFとしてダウンロード出来ます。
PDF:「すむ」の記事
PDF:「CENTURION」の記事
仁城義勝 「木の器展」
2007年11月15日(木)から11月25日(日)まで東京のギャラリー日日で仁城義勝の木の器展を開催します。16・17・18日は仁城さんが在廊の予定です。 案内状を下のリンクでPDFでダウンロードして下さい。
PDF: 仁城義勝「木の器展」案内状
10月いっぱい、東京のギャラリー日日はお茶をテーマにして飾ります。10月4日・5日・6日にギャラリーにてお茶のセミナーを開催します。案内状と詳しい情報は以下でPDFファイルとしてダウンロ−ドできます。
PDF:お茶のセミナーの案内状
李英才 うつわ展
2007年7月5日(木)から7月11日(水)まで、李英才さんがドイツの職人と一緒につくる、バウハウス風の食器を、ほぼ全種類(45かたち)を並べます。10日(火)と11日(水)に李英才さんがギャラリーに居ます。案内状はPDFファイルとしてダウンロ−ドできます。
PDF: 李英才のうつわ展の案内状
Page  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
© E.WEINMAYR | 更新日 2019.04.13 | お問い合わせ | サイト情報 | EMAIL 英語 | 日本語