作家  作品
森岡光男

「自然のかたちや色ほど美しいものはない。美と言っても、なにも特別のものではない。美は日常の普通のものの中にある。僕が作るやきものの色やかたちが、自然にあるものに近ければ近い程うれしい。

中国の古い陶器が好きだ。眺めているうちに、当時の人間が何を思っていたのか、自然をどのように見、どのように理解したのかを感じとることができる。

生き物の中ではスズメバチやミツバチが一番おもしろい。その巣を何時間眺めても飽きることがない。すごいかたちをしている。なんの計算もなく、ごく自然にあのかたちになるのだ。それを見ると、いろいろと考えさせられる。」
作家のことば     
仕事   
経歴     
© E.WEINMAYR | 更新日 2019.03.06 | お問い合わせ | サイト情報 | EMAIL 英語 | 日本語