作家  作品
角偉三郎

「いい器ができるにはいろんなものが必要だ。自然がくれる素材、道具、職人の手、それと、その器を自分の生活の中で使ってくれるひと。だって料理が入っていないとお椀は生きてこない。そのうちのどれが欠けてもいけないし、一つだけがでしゃばっても韻覆

職人の仕事のおもしろさは、くりかえしにある。同じ作業を、何回も何回も繰り返す。このくりかえしのなかで、自由になれる。自分自身から距離を置くことができる。

少なくとも僕にとっては、完璧なぬりものはつまらない。魅力を感じさせてくれない。それを手に取って、自分の生活に使いたい、という気を起こさせない。」
作家のことば     
仕事   
経歴     
© E.WEINMAYR | 更新日 2019.04.13 | お問い合わせ | サイト情報 | EMAIL 英語 | 日本語