作家  作品
李英才   一点もの

「どんな器も人間の体のようにみえる。胸の張り、口のかたち、背中のそり、尻の座り方、高台の立ち方。私にとってはどんな器も一つの彫刻だ。そのかたちがどのように空間を占めているのか、まわりの空間をどのように構成しているのか。


いいかたちは、頭の中ではなく、手が粘土をいじることからうまれる。ロクロを引くときに一番大事なのは、回転している土の遠心力を手名付けながら、かたちを内から外へ作り出すことだ。そうでないと、かたちが生きてこない。」
作家のことば     
仕事   
経歴     
© E.WEINMAYR | 更新日 2019.04.13 | お問い合わせ | サイト情報 | EMAIL 英語 | 日本語